雑草抑制ネット・畦板・獣害対策関連資材の販売

会社情報

トップページ > 会社情報

経営理念

「人と地球を幸せにするお手伝いをします」

代表挨拶

1933年(昭和8年)、祖父・勝眞正元は呉服店を創業しました。その後、傘の取っ手などのプラスチック成型品の製造業を営みました。父・勝眞正行の代では、傘の取っ手は輸入品に押されたこともあり、違う事業へと方向転換をします。それは農林業界です。農林業のお困り事が目につき、お役に立ちたい一心で研究を重ね、プラスチック成型の技術も生かしつつ、現在の事業に至りました。
2020年で設立69年目。こんにちまでくることができたのも、私の祖父と両親、社員の努力、そして関わるすべての方々のおかげです。

当社の経営理念「人と地球を幸せにするお手伝いをします」は、先代と私の想いのこもったものです。みんなの幸せを願っているのです。皆様が家族の幸せを願うように、私は社員とその家族を幸せにする会社づくりを目指します。社員の幸せを通して社会のお役に立つことで、お客様の幸せとなり、お客様の笑顔が私たちに幸せをもたらす。そして、お取引先様など関わる方々にも幸せをもたらす。そんな好循環がずっと続くよう、社員と一丸となって努力し、成長し続けて参ります。
私たちが取り扱う農林業資材は、お困り事を解決する商品です。森林を守ることが地球への貢献にもつながります。
時代の変化にも常に目を向けつつ、次の世代、その次の世代もずっと住みやすい地球環境であるよう、「人」と「地球」の幸せが持続可能であることを目指してまいります。

代表取締役社長 勝眞正美

会社概要

名 称 大一工業株式会社
所在地 奈良県生駒郡斑鳩町幸前2-8-24
TEL/FAX Tel: 0745-75-2645  Fax: 0745-75-6365
創業 1933年4月
設立 1952年2月5日
代表取締役社長 勝眞 正美
資本金 1,000万円
業務内容 プラスチック製品製造販売、ネット等の留め具、雑草抑制ネット、食害防護ネット、樹皮剥ぎ防護ネット、支柱打ち機、畦板

沿革

1933年 勝眞正元 呉服店を開業
1946年 有限会社大一工業設立 釘の製造販売開業
1952年 大一工業株式会社設立 ユリヤ樹脂原料製造 及びプラスチック製品の製造販売を開始
1976年 勝眞正行代表取締役に就任
1985年 鞄・洋傘・ステッキ等のハンドル部品の製造品目拡大
1989年 林業資材・床柱用マスターの製造販売開始
2000年 農業資材の製造販売開始
2002年 生分解性樹脂の企画開発を開始
2003年 生分解性樹脂の企画開発で日本弁理士会近畿支部支部長賞を受賞
2006年 樹木保護具 実用新案登録
2010年 支柱用キャップ 意匠登録
2012年 本社新社屋完成
2013年 畦波板 意匠登録
2018年 勝眞正行 代表取締役会長に就任
勝眞正美 代表取締役社長に就任

外観写真

アクセスマップ


大きな地図で見る

JR法隆寺駅~タクシー5分
JR大和小泉駅~タクシー5分